三日月ポーズ | 太もも・上体のストレッチ

三日月のポーズ (写真出典: YOGA RETREATS)


今回のハタヨガポーズは“三日月のポーズ (クールマアサナ)”をご紹介します。このポーズは足の付け根から上体をしっかりと伸ばすことができるため、リンパや血液の流れを良くして足のむくみ改善に非常に効果があると言われています。

  • 三日月のポーズとは
  • 効果
  • ポーズの取り方
  • 初めての方へ



三日月のポーズとは

三日月のポーズは、サンスクリット語でアンジャネーヤ・アサナといいます。アンジャネ―ヤは猿の王様の名前だそうです。神話上の強壮な猿の神に由来しています。日本語名は、足先から指先の形から名付けられたそうです。

効果

  • 脚のむくみ改善
  • 肩こり緩和
  • 体幹の強化
  • 猫背の改善
  • 疲労回復

脚の付け根(鼠蹊部)をしっかりと伸ばすことで、リンパや血液の流れが非常に良くなります。このため、脚のむくみや疲れを改善する効果があります。また、婦人科系の不調を緩和する効果も期待できます。

さらに、上体をそらしながら脚を大きく開いてバランスをとることで、体幹の強化、肩こり改善、猫背の緩和といった効果も期待できます。また、他のポーズと同様に、疲労回復やリラックス効果も期待できます。

ポーズの取り方

では、三日月のポーズを行ってみましょう!

  1. 両手を肩幅ぐらいで床につき、両足の膝を床につけて四つん這いになります
  2. 両手の間に左足を置く
  3. 息を吸いながら、右足の膝から下を床につけたまま後ろに少し引きます
  4. 両手を左ひざの上に置いて、お尻を落としながら背筋をしっかりと伸ばして左膝の下が垂直になるよにバランスを取ります (ここで下の写真のポーズの完成です)
  5. 一度深呼吸をして、息を吸いながら両腕を上へと上げていく
  6. 胸を開きながら、できるところまで腰をそらせます (最初の写真のポーズが完成です)
  7. ここで深呼吸を7回します
  8. 息を吐きながら上体を戻し、両腕を左膝の上に置いた後、四つん這いのポーズに戻ります
  9. 右足を前にして、同じポーズを取ります

初めての方へ

どのポーズも心地よく伸びるところで止めましょう。無理してはいけません。

体体を起こすときは、上の写真のように肩とお尻をしっかりと落として、背筋を伸ばしてバランスを取ってください。また、前に出した足が垂直になるようにしてください。脚の付け根を良く伸ばすことができ、体幹をしっかりと鍛えることができます。

体が硬い方や腰が悪いかたは、下の写真のように腰を反らずに腕を上にあげるところでポーズを完成してみてください。または、上の写真のように腕を上にあげないで、脚の付け根を伸ばすだけでも、十分に脚をストレッチすることができます。

三日月のポーズ (写真出典: YOGA RETREATS)

まとめ

今日は“三日月のポーズ (アンジャネーヤ・アサナ)”をご紹介しました。

  • 三日月のポーズ
  • 効果
  • ポーズの取り方
  • 初めての方へ

その他おすすめのポーズはこちらです。

ヨガでリラックスして、気持ちの良い日々を過ごしていきましょう!







 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top